コラッツ予想がとけたらいいな2

自分の考察を書いていきます。

量子コンピュータをやってみた その2(IBM Quantum Lab)

・参考記事
IBMQで3-SAT問題 - Qiita
Groverのアルゴリズムを用いた充足可能性問題の解法

・前回


最初はローカルで Python やろうと思っていたけど、環境構築するのがたるいので、web上でやる。
お題は 3-sat 。

IBM Quantum Lab

https://quantum-computing.ibm.com/
ダッシュボードから、「IBM Quantum Lab」を押す。これで画面が移る。
Note で Python のアイコンのやつを選んだ。すると Jupyter の画面になった。
Qiskit参考記事のコード片を実行していく。Ctrl+Enter だ。
エラーが出たのではじめの
from qiskit.aqua import QuantumInstance, run_algorithm
の run_algorithm はコメントアウトした。

シミュレータの実行結果

f:id:righ1113:20210902074853p:plain
正しくできているようだ。

実機の実行結果

f:id:righ1113:20210902074918p:plain
このアルゴリズムは 12量子ビット 以上必要らしく、自分は 5量子ビット までしか使えないので実行できなかった。。。
ちょっとお粗末でしたね。すみません。




量子コンピュータをやってみた その1(IBM Quantum Composer)

・参考記事
量子コンピュータをどの書籍から学べば良いか? - Qiita
IBMQ + Qiskit 使い方まとめ - Qiita

さらっと見たところでは、今のところ、量子コンピュータと言うか量子回路なんだなと思った。
で、まずweb上で動かせる IBM Quantum Composer をやってみた。

アカウント作成

https://quantum-computing.ibm.com/

Google アカウントでいけた。
利用規約みたいなのが出るので進める。
最後に、 last name と所属を入れる。これで OK だ。

IBM Quantum Composer

ダッシュボードから、「IBM Quantum Composer」を押す。これで画面が移る。
視覚的に量子回路を作る。買った本のサンプル回路を作ってみた。
これは '00' と '11' が確率半々で出る量子回路だ。

シミュレータの実行結果

f:id:righ1113:20210901040007p:plain
右上のボタンを押すと実行できる。
正しくできているようだ。
Probabilities が '00'100% になっているのは、古典ビットへ計測したからだと思う。
計測前はちゃんと半々になってた。

実機の実行結果

f:id:righ1113:20210901040109p:plain
実機でも正しくできているようだ。
ありえない値 '01''10' が出ているのは、実機のノイズらしい。